コインチェックのネム流出問題

コインチェックのネム流出問題ですが、これはネムの保管方法に問題があったといえます。
通常仮想通貨を保管する場合にはオンラインと切り離しを行ったコールドウォレットを用意して保管する必要があり、コールドウォレットを利用する事で、外部からの接続を遮断する事ができます。
この状態であれば、どんなに凄腕のハッカーから不正アクセスを受けてもインターネット上から切り離されているので、盗まれる心配は一切ありません。盗まれるのは物理的に持ち出すしか手段がないので、安心です。
しかし、コインチェックで技術者が不足しているため、コールドウォレットでの保管をしておらず、ホットウォレットに保管していたため、外部からのアクセスで仮想通貨を取り出す事ができるようになっていました。
更に秘密鍵も複数用意されていなかったのも外部への流出を容易にしてしまった点の一つです。実際に流出が始まってからコインチェックが流出に気づくまでの間もかなりの時間が経過しているので、普段からセキュリティに甘さがあった事も窺い知る事ができます。リアルタイムで24時間制でチェックをしていれば、ネムの流出が始まった時点で、異常を検知する事ができて、何らかの手段を講じる事も出来ましたが、実際にコインチェックがネムの流出に気づいた時にもほぼ全てのネムが流出してしまった後になるので、手の打ちようがない状態でした。
その後のコインチェックの対応にも問題があり、この流出事件について発覚した後にすぐに公表する事は行わず、外部からの声によって、緊急記者会見を開くなど、対応が後手後手になってしまった点もコインチェックの印象を悪くしています。その後は、ネムを取り戻す為に対応をしていますが、依然として売買は中止されており、出金も出来ない状態が続いているので、ユーザーからの不満は続出している状態です。金融庁からも業務改善命令が出されているので、今後のコインチェックの対応に注目が集まっています。