イーサリアムとは?基軸になるのか?

2017年は仮想通貨元年とも言われ、日本における資金決済法で仮想通貨に関する法的な定義が行われ、その取引サービスを行う取引所について金融庁等の登録を必要とするなど制度的なスキームに着手されはじめたとともに、実際に仮想通貨の代表格であるビットコインは、2017年4月頃は、1ビットコイン12万円程度の相場であったのに対して、12月には急騰し、220万円程度の最高値を付けるという事態が生じました。このような急騰を受けて、決済して利益を確定した人が多数存在し、その社会的な影響からか国税庁も仮想通貨の税務上の取り扱いを雑所得として給与所得等と合算するといった方針を示す状況にあります。では、仮想通貨に定義されるものの中でビットコインに次ぐものは何かというと時価総額でこれに次いでくるのがイーサリアムという仮想通貨なのです。
このイーサリアムの特徴は、ビットコインの決済機能を超えて、その決済の原因となる契約関係等をブロックチェーン上に残して証拠機能を付与するというプログラムが用意されていることです。例えば映像データを販売するとして、ビットコインで決済するとすれば、ブロックチェーン上にはその決済の記録だけが残ります。しかし、イーサリアムを通じて映像データを売るというプログラムをイーサリアムのプログラム上に記録すれば、ブロックチェーン上に契約の内容及び購入した人の決済記録が残り後日の法的紛争があっても改ざん不可なブロックチェーン上の記録を示しておしまいという画期的な内容を含んでいるのです。この仮想通貨については相場が形成されており、1イーサリアムあたり13万円程度で推移している現状にあります。今後の見通しは不透明な部分が多いのですが、スマートコントラクトという技術がスムーズに稼働し、世界がこの仕組みを使い始めるとこの仮想通貨の価値が上がるということは見込まれるでしょう。ただ、その時期というのはいつになるのか不透明であり、数年単位のスパンで技術革新を待つというスタンスであれば下がれば買うというスタンスで購入したものを長期保有することで利益を上げることができるかもしれません。